動物絵師「竹馬」さんの作品展を開催!

5月30日(木)より、京都の動物絵師「竹馬」さんの作品展を開催いたします(終了日未定)。

まるで、“命を宿したような” 絵を初めて見たとき、思わず息を飲まずにはいられませんでした。さらに驚くのは、これらの絵のベースとなっているのが、ボールペンであること。そこから丁寧に繊細に水彩で色付けをされるそうです。

この表現力は口コミでジワジワと広がりつつあり、今年2月には、阪急うめだ本店でのイベントも実現されました。

画家プロフィール==================

動物絵師「竹馬」大矢清人さんは、京都で呉服商の家に生まれ育ちました。幼少の頃より似顔絵を描くのが好きで、映画館の看板職人に憧れる少年でした。その後家業の修行時代に出会った友禅作家との交流から自身も作家を目指しますが、着物の世界からはわけあって離れることに。そんなある日、友人に亡くなったペットの似顔絵を描いてほしいと依頼されて描いたことが、動物絵師となるきっかけだったといいます。仕上げた作品を見た際の友人の涙が忘れられず、「自分の絵が人々の幸せにつながれば」という思いで、ペット肖像画を描き続けています。

Instagramはこちら:
https://www.instagram.com/kiyoto_ooya/

============================

ぜひ、この機会に、「猫の屋おでん」へお越しくださいませ。

・サイト等でご紹介の作品が展示されるとは限りません。
・猫アレルギーなどにより、猫カフェに入店できない場合は、作品展のみご利用いただけるようサポート致しますので、スタッフまでお声がけ下さい。